プロフィール

おクチ様

Author:おクチ様
あっという間に半世紀超え、でも冷や水あびまくり

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

イベントの後には(冷や水オマケ)

イベント終了後は鎌倉に歩いて戻りました。覚悟はしてたけど若宮大路メチャ混み。週末はいつもなのですが、連休となると身動きが取れない状態になってしまう。食事の店はどこも大行列でした。平日ガラガラの店がけっこうあるので、大丈夫かと余計な心配をしてしまうのですが、休日で挽回するのよね。
さてわたくしたちは予約していた雪の下の割烹『大三』でお昼ごはん。初めての店でしたが丁寧な仕事で美味しかった!ただ若い夫婦二人だけでやっていることもあって料理が出てくるのが少し遅いかな。でもたっぷり食べられるし、午後をまったりすごすのにはいいと思う。
IMG_1694.jpg IMG_1695.jpg
IMG_1698.jpg IMG_1697.jpg
シメは鯛めし。鯛は出身地の香川から直接取り寄せているそうです。お代わり出来るのが嬉しい。
IMG_1699.jpg
デザートのヨーグルトアイス。リンゴのソースがかかっていました。

鎌倉 料理屋大三
ttps://www.facebook.com/ryouriyadaizo  土日祝は予約した方がいいです。

お昼を満喫した後、腹ごなしにテクテク歩いて再び鎌倉宮方面へ。他の名所・史跡よりすいているのです。
まず白旗神社に頼朝の墓を見に行く。階段手前の公園のイチョウが黄葉真っ盛りでキレイだった。頼朝の墓は…地味です(笑) 
IMG_1700.jpg

鎌倉宮でお約束の護良親王の土牢を見て、お宮の近くのカフェ「moguRa食堂」でまったり休憩。たまたま入った店でしたが、コーヒーもケーキも美味しかった。
IMG_1705.jpg
レアチーズケーキです。

その後、御成り通りや由比ヶ浜通りをうろついて横須賀線の線路沿いの居酒屋で晩御飯食べて解散。
IMG_1707.jpg IMG_1706.jpg

天園ハイキングコース、今回は時間短縮のため獅子舞に直接入りましたが、瑞泉寺近くの登山口からやぐら群、貝吹地蔵を巡りながら登るルートがメインコースです。こちらだと3時間ぐらいかかる。
「やぐら」というのは中世の身分が高い武士や高僧の横穴式のお墓のことで、ぱっと見はただの洞穴に見えるがちゃんと掘って作ったものです。鎌倉は平地が少ないのでこういう形になったらしい。天園のやぐらは北条一門の墓と伝えられ、十四代執権北条高時の首やぐらとされるものもあるそうです。また天園の山道は新田義貞の鎌倉攻めの時に幕府の武士たちが切腹した高時の首を持って敗走したとも言われている。 
今回の出発点近くの鎌倉宮は大塔宮護良親王をお祀りしているので、天園は『太平記』コースといってもよいかもしれませんね(もう一つ祇園山コースもそうだけど)。

要塞でもあり墓地でもある鎌倉の山々を歩くのはなかなか感慨深いものがあります。天園は鎌倉のハイキングコースの中では上級者向けでしたが何とかなったので、機会があれば今度はやぐら見学込みで登ってみたい。切通しも沢山あるので、今年はいくつか巡りたいものです。


鎌倉幕府滅亡から南北朝にかけてはもちろん日本史の教科書に載っているのだが、授業では後醍醐天皇と足利尊氏ぐらいでさら~っと流された気がする。楠木正成、新田義貞は出てきたっけ? 父が揃えた吉川英治の「私本 太平記」全巻(たぶん初版本!)が家にあったのに、飛び飛びで読んでいただけだったので、大河ドラマになって北条高時だの大塔宮だの北畠親房だのは初めて知ったーとなったのでした。 南北朝については木原敏江さんの漫画でちらっと。

大河ドラマの影響で北条高時は片岡鶴太郎でスリコミ入ってます。ハマリ役ですごくよかったのよ~。あの時(「太平記」)は主役より脇役たちの方がキョーレツなキャラが多かったわね。堤大二郎の護良親王の初登場は置き眉だったし(武者姿の親王の絵姿を模していたのかな)。 すぐに普通の眉に変えちゃったけど、置き眉のままでやってほしかったなあ。

2015-02-09(Mon) 03:59| 喰いだおれ| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。