プロフィール

おクチ様

Author:おクチ様
あっという間に半世紀超え、でも冷や水あびまくり

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

鹿踊

当日のメインイベントは登山ではなく岩手の民俗芸能だったので。 ちらっと感想をば。

2時間半ほど堪能しました。演目は「行山流都鳥鹿踊」、「鬼柳鬼剣舞」、「鵜住居虎舞」の3つ。 ネットの動画での予習はせずに臨みました。
どれもよかったが、やはり「鹿踊」がダントツ好み!黒と緋の衣装で太鼓を叩きながら歌い舞う。鹿踊にはお囃子がつかない太鼓踊り系とお囃子がつく幕踊り系の2つに大きく分かれ、それぞれにいろいろな流派がありますが、行山流は太鼓踊り系でも一番古い流派だそうです。伊達氏の認定を受けていたので九曜紋をつけています。
宮澤賢治の童話に出てくる鹿たちはぴょんぴょん跳ねていたが、踊り手たちも跳ねる跳ねる。お囃子が無いせいか呪術的な要素が色濃くて、すごくカッコイイの!  
イベントの最後に踊り手さんたちが顔を見せて挨拶されたのですが、女の子がいるー!男性だってゼーゼーのすごくハードな踊り(装束15キロあるって)を30分ぐらい事もなげにやってるんですよ。あ、そうそう、鬼剣舞でも女の子が舞っていた。こっちもすごくハード。いやー、たいしたものです。
IMG_1659.jpg IMG_1662.jpg


2015-02-09(Mon) 03:58| 雑感| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。