プロフィール

おクチ様

Author:おクチ様
あっという間に半世紀超え、でも冷や水あびまくり

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

美術展ハシゴ

先週金曜日は美術館のハシゴ。 藝大美術館→トーハク→三菱一号館美術館の順で廻りました。

「国宝 興福寺仏頭展」:東京藝大美術館

興福寺 最強! 全てハズレなし、一番のオススメです。

一番最初はとてもきれいな弥勒菩薩が半跏のお姿でお出迎えしてくださいます。いつもは厨子の中にいらっしゃるのですが、今回は特別にお外に出てくれてます。横からのお姿も拝むことができる。後ろに厨子も展示していて、こういうものは扉を閉じている場合が多いと思うのだけど、今回は中側も見ることができる。扉に説法を聞くお弟子たちの絵が描かれ、天井には天女たちの像(絵じゃなくて立体!)が舞う素敵なお住まい。こういうのは見たの初めて。藝大グッジョブ!

十二神将くんたち、板彫、立像、どっちもキュートでカッコイイ!
興福寺は関西に住んでいた頃何度も行っていました。板彫の十二神将は国宝館にあったはずなのに見た記憶が全然ない…阿修羅くんとその仲間のほうに気をとられていたからかしら。当時は若かったからこんなにキュートな皆様を蔑ろにしていたのね。心の中でゴメンナサイを言いましたよ。
板彫の中で一番のお気に入りは伐折羅(ばさら)くん。脛当てが猪の頭なの!もーたまらん。でもピンのポストカードが無い!ショップの人に訊いたら売り切れではなく元から無かったんだって(そもそも12人なのに9人しかないってどーゆーことよ)
神将くんたちの立像はうっすら記憶がある。 昔見た時はお堂の中だし、じっくり見られる配置じゃなかったし、若気の至りだしでざっとですませていたような。で、こちらについても深く反省。今回はじっくり見ました。トーハクの阿修羅と同じサンロクマル展示なのでグルグルが出来ます。
この人たちの特徴は邪鬼を踏んでいないこと。岩の上で「どーれー」とポーズをとってらっしゃいます。後ろ姿も引き締まった腰で凛々しくていいねえ。

さて主役の「銅造仏頭」 薬師如来様だそうです。 普段は拝むことができない後ろ頭まで見ることができます。元々はシンメトリーなお顔だったのが、下に落ちた時にほんの僅かだが歪んでしまったらしい。後ろ頭は痛々しいですが、お顔はきれいなまま残っている奇跡。なんとなく「わたくしは大丈夫ですよ」と仰っているような。平家の興福寺焼打ちの時にもその場にいらしたのかと思うと感慨深いです。
興福寺のサイトを見たら、このお寺はやたらと火事が多いお寺で、失火や落雷もあるけどお坊さん同士の争いのせいの放火もあったって…平家だけ悪者扱いにはできないわねえ。まあ、平家の場合は一部だけじゃなく全焼だけど。

この展覧会に行くなら、イヤホン・ガイドはどうぞ借りてください。興福寺から仏頭大使に任命されたみうらじゅん氏&いとうせいこう氏の仏像愛に溢れたトークを聞くことができます。
11月24日まで。

「京都展」:東京国立博物館

国宝・重要文化財に指定されている「洛中洛外図屏風」7件をすべて展示、そして海外流出の龍安寺の襖絵の里帰りというのがウリの企画でしたが、トーハクにしては珍しくスカ。岩佐又兵衛が描いた舟木本や龍安寺の庭を大型スクリーンで見せてくれたりと工夫はしてるのだが、う~む。 どうも大味な感じがして残念(てか、あれじゃ○ったくりだと思ってしまった) 
来年の風神雷神図屏風デートでドライブ~♪に期待しよう。いつだってキンキラ(ふぅ)


「名品選2013-近代への眼差し 印象派と世紀末美術-」:三菱一号館美術館

最初は見にいく予定ではなかったのですが、前日(というか当日の夜中)にロートレックの特集番組を見ちゃったもんで、ちょっくら行ってみようと。わたくし、ロートレックは好きなのでございます。

わたくしはヒネクレ者なので「日本人が好きな印象派」が苦手なのです (たとえばルノワールの肉の塊って、最初はいいんだけどお腹いっぱいになりません?) が、意外にもというかかなりよかったんですよ~、これ。トーハクがスカだったので余計にそう思いました。

「印象派」という言葉に惑わされてたのですね。「世紀末美術」の方が中心だと思う。しかも版画中心でロートレックの他にルドンやヴァロットンをたっぷり! いや、これは嬉しかった。こんなにまとめて見ることができたのは初めてだもの。
「これぞ印象派」はほどほどの量で見せ方も工夫しているので飽きずに見ることが出来ました。 展示されている作品は全て美術館所蔵。いいもん持ってます、ヤタロー(仲間内でここのことをそう呼んでいるのです)。
ルドンのパステル画「グラン・ブーケ」が最後の展示です。それまでのモノクロの版画から色彩が一気に迸る。これは写真では素晴らしさが伝わらない。実物を見た方がいいです。

ヴァロットンは今ヨーロッパで巡回している回顧展が来年ヤタローにやって来るそうです。ただし油彩が中心でヤタローが持っているブラックカワイイ版画はあまり出品されないらしい。

併設されているカフェでは企画展に因んだメニュを提供しています。ロートレックのメニュを食べてみたかったのですが、ランチでしか出していないので食べられませんでした。残念。
来年1月5日まで。


2013-11-15(Fri) 15:00| 美術散歩| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。