プロフィール

おクチ様

Author:おクチ様
あっという間に半世紀超え、でも冷や水あびまくり

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ご無沙汰しまくりです。

前の更新から3か月経ってしまいました。まことに申し訳ない。

さて、わたくし今まで何をしてたかというと、

4月から仕事してました!
前の職場の人から声がかかり、別の場所ですが助っ人として働いていました。
まあ4年のブランクってすごいわねー。脳みそにアイロンがかかってピーンと皺ひとつない~。トシのせいもあって自分が初めから携わっていた仕事も忘却の彼方ですわ。
間で母の入院&手術や冷や水も目一杯浴びたのでネタも盛り沢山だったのですが、文章にすることが億劫になってしまって。うー、いかんばい。
ネタが新しいうちに「つぶやく」ようにしようかなーとただいま蠢いています。備忘録にもなるしね。整ったらお知らせしますね。

Bowieさん展については今月中にブログにアップしたい。見に行っていろいろ思うことがあったけど、その時はうまく書くことができませんでした。終わって3か月経った今の方が落ち着いて書けそうです。

仕事は正規のハケン(フルタイムで働ける人)が入るまでのつなぎで3か月の短期契約だったのですが、正規が未だ見つからず…ということで延長決定。7月は予定入れてたので8月からまた働きます。このトシで仕事があるのはありがたいこと。以前のようなハケンの領域を超えるような業務も残業もなしなので気持ちが楽です。
でもやはり4年のブランクはきつい。『毎日が日曜日」から「仕事人」のカラダにはすぐには戻らないものだ。その逆はすぐになっちゃうのにね。



...read more
スポンサーサイト

2017-07-06(Thu) 13:00| 未分類| トラックバック(-)| コメント 0

十年ひと昔

今まで使っていた食洗機(通称シャープくん)のモーターがすごい音を立て始めました。
以前のブログで確認したら購入から13年も経ってた! あらま10年ぐらいと思ってたわ~、イカれるのもむべなるかな。ネットで調べたらシャープがもう食洗機を製造していないことが判明。部品の保有期間も過ぎてるし修理はあきらめて買い替えることにしました。
そしたらびっくり、卓上型を製造しているのパナソニックだけになってるじゃないですか! わたくしがシャープくんを買った時は他のメーカーも参入してそれなりにリキ入れてたがなあ。
パナソちゃん良家?のお嬢様らしくタカビーな価格なんですわ。でも彼女しかいないから仕方ない。一度食洗機を使ったら手洗いには戻れないもんね(少量だったら手洗いしてます←一応言っとく)洗い上がりだけじゃなくほぼ拭かずにすむのがよろしいの。ということで調理道具もがっつり入るパナソちゃんを我が家にお迎えしました。

10年以上経つと食洗機もずいぶん進化してるのね。洗い上がりもさらによくなってますが、なんといっても音! かなり静かになっております。シャープくんには「ナイト(騎士ぢゃないよ)」という機能がありましたが、パナソちゃんには無い。というか必要ないのでした。「ナイト」でも夜遅く使うのは止めた方がいいよねな音だったのが、今は使って全く問題なし。これは本当に助かる。

シャープくん、よそでは問題児が多くて評判悪かったらしいのですが、我が家にいた彼は13年後にブチギレるまで黙々とよく働いてくれました。他に冷蔵庫とオーブンレンジというご長寿を誇る面々がいるのですが、もうしばらく頑張って欲しい。お願い。





2017-04-06(Thu) 00:30| 雑感| トラックバック(-)| コメント 0

初天神

さて、これは何でしょう?
kameidouso1.jpg

中身はこれ。
kameidouso2.jpg

亀戸天神の木鷽(きうそ)です。微笑んだような顔で愛らしい。

毎年1月25日は初天神。菅公を祀っている多くの神社で前日の24日と合わせて鷽替え神事が行われます。今年は厄年だし、ちょっくら行ってみようと湯島天神と亀戸天神をはしごして木鷽をいただいてきました。

東京の鷽替え神事は湯島天満宮、亀戸天満宮、そして上野の五條天神社がよく知られています。
事前にネットで調べてみたら、五條は授与数が少ないので相当早く行かないと入手困難のようなので最初からパス、湯島と亀戸は午前中に到着して並べば大丈夫だと踏んで二社に絞りました。
まず湯島天神に到着。久しぶりだわー。
yusimaume.jpg
梅が青空に映えます。

受験シーズンなので大行列かと思ったらそれほどでもなかった。
yusimausokae.jpg
10分ぐらいでゲット。
yusimauso1.jpg
大と小の二種類。わたくしは小にしました。
湯島の木鷽は樹皮をそのまま残した素朴な形。とぼけた顔をしています。

御朱印をいただき、お詣りをすませて亀戸に向いました。
湯島から亀戸までは都バスを利用しました。鷽替え常連の方のブログをチェックしたら鉄道よりもバスの方が楽とあったのです。
湯島天神から徒歩7、8分の池之端一丁目のバス停から亀戸駅行のバスに乗ると、亀戸天神の真ん前まで連れて行ってくれます。乗車の目安は40分ぐらいとのことですが、この日は道が混雑していて1時間ぐらいかかりました。でも根津、谷中、浅草、入谷と車窓から下町を眺めるのは楽しいし、何より亀戸初心者には目的地に迷わず行けるのはありがたい。ただしこのルートは運行本数が1時間に1,2本なので時刻表をチェックしておいた方がいいでしょう。
 
亀戸天満宮に到着。
亀戸天神の鷽替えの行列はハンパないと聞いていましたが、やはり大行列でした。鳥居のそばで警備員のおっちゃんが「鷽をお求めの方、1時間半ぐらいかかりまーす」と拡声器で案内してたもんね。まあ並ぶのは覚悟してたし防寒完全武装してきたし若冲の時と比べればずっとマシだわと列に加わりました。持参した文庫本を読んだり咲き初めの梅を眺めたり(湯島の方がしっかり咲いてた)で1時間半(警備員のおっちゃんの言葉は正しかった)。前日24日に並んだ人たちは丁度寒さの底で相当辛かったようですが、25日は日差しポカポカ、風もなく助かった~。
kameidoume.jpg
枝垂れ梅が多いせいかまだ蕾状態の木が多い。

亀戸天神の木鷽は毎年3万体も用意されるらしい。大きさも11段階。そして一番大きい十号(7千円!)が真っ先に完売となる。おお、菅公のパワーはすごいぞ。数もそれほど作ってないのでしょうが、初天神の時にしか手に入らない縁起物、値段が高くても欲しいという人が多いようです。
途中で一番小さい一号が売り切れるも一段階大きい二号と懐中用のおチビ0号を無事ゲット!
kameidouso4.jpg
おチビも丁寧に作られていて感激。木鷽は神職の方たちが全て作るのだそうです(3万体…)
境内では初天神ということで里神楽・葛西囃子が演じられていました。しかし鷽替えで並んでいるところからは見えないのよ~。音だけで我慢。残念。
お詣り+御朱印をすませてお宮を後にする頃には警備員の案内が「今から並んでも鷽は買えないかもしれません」に変わっていました。やはり午前中に行くのが正解なのね。

帰りは銀座に寄って千疋屋で今年お初の苺パフェを堪能。並ぶの慣れてるといっても昔より体力なくなったなあ。
senbikiyaichigo.jpg
あ~、旨かった。やはり王道は違う。これでだいぶ回復しました。

usoall.jpg
我が家の木鷽さん揃い踏み。手前のガンつけ木鷽は太宰府天満宮のもの。他所のところに比べると派手でしょ。飛び回って蜂喰ってるので戦闘的なのです。
ただこれは参道で売っている土産物なのでした。天満宮のホンモノが欲しいけど、太宰府の鷽替え神事は亀戸よりハードかもしれない。
暗闇の中で「替えましょ、替えましょ」と参拝者がお互いの木鷽を交換していくので夜に行われるんですわ(夕方に前もって木鷽をゲットしておかないといけない) そして太宰府は盆地なのでものすごく寒い!(福岡市内と2度ぐらいの差がある)雨や雪が降ったらそりゃもう大変なので、二の足を踏んでいるのでした。



...read more

2017-01-27(Fri) 23:35| 年寄りの冷や水| トラックバック(-)| コメント 0

寒中お見舞い申し上げます

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

さて、わたくしの2016年はBowieさんの死去、イエモンことThe Yellow Monkeyの復活、母の骨折入院転院退院と日々目まぐるしく、さっさと終わった感があります。Bowieさんのことはどうしようもないけど、イエモンはめでたく、母は寝たきりにも認知症にもならずやれやれ、でした。
12月28日にイエモンの17年ぶりの年末恒例ライブに行き、翌日に福岡に帰省。本当はミッチーの年越し恒例ライブにも参戦したかったんだが、今のところ自分のお遊びばかり優先するわけにもいかない。でも、数年のうちには「メカラウロコ」(イエモンのライブタイトル)→「ゆくミッチー、くるミッチー」を実現させたいわ。

お正月は10日まで福岡にいましたが、クマとわたくし双方の実家を行き来したり、母の用事を片付けたりでけっこう忙しなかった。でも、それぞれの実家のご近所神社と太宰府天満宮、天神にある警固神社にはお詣りして御朱印もいただいてきました。そして自分が去年から厄年に突入していたことに気づく…なんたる間抜け。まあ、去年からいきなり御朱印集めを始めたのは何かそういう気配を感じたからなのかもしれません。
tobiume.jpg
天満宮の「飛び梅」年明け前に開花したと聞いてましたが確認できず。

そして2017年の始まりはボウイさん展とお相撲でした。
今場所はすごくよい席で友人に感謝! 稀勢の里、優勝おめでとう!
berubara.jpg
別の友人からもらった写真。

ボウイさん展についてはあとで書きます。



...read more

2017-01-23(Mon) 09:00| 雑感| トラックバック(-)| コメント 0

最終回が続く

「真田丸」が終わってあっという間に1週間がすぎてしまいました。つまらない大河ドラマだと、ようやく終わってホッなんだけど、今回は放送がないと寂しい気がします。
三谷本だから信繁が死んだところは見せないのではと思っていましたが、やはりそのようになりました。「信繁が見た戦国時代を描く」というのがテーマだったしね。
最期を迎える前の信繁の回想で茶々たちが妙に落ち着いた様子なのも、覚悟を決めたからというより千姫を大坂城から出して命乞いをさせる計画の途中だからで、信繁が「生き延びて欲しい」と願っているからかな。
わたくしは、時は流れてヨボヨボになったお兄ちゃんが四代将軍家綱に関ヶ原や大坂の陣のことを語っている姿(もちろんパパ&弟推し)で終ったらいいなあと密かに思っていたのです。
でも実際は壮年のお兄ちゃんの「頑張るぞ!」でシメ。その時一緒にいたのが本多サドで、「おお、こう来たか!」と思いました。この後息子の代で本多家は改易されてしまう、ぴっかぴかの晴天の皮肉。「『二代目』がどう生きたかを描く」というもう一つのテーマにも合っていたし佐久間象山まで出してくるんだから、やっぱただじゃ終わらないわ、三谷本。
きりちゃんをどうするんだろうと思ってましたが、中の人の評価を上げる形で回収したのでほっとしました。でもギリギリまでひどい目に遭わせてたよね。
書きたいことがいろいろあるけど、まとめるのが難しいのでこれで一応おしまい。

今年後半は「逃げるは恥だが役に立つ」も楽しく見ました。途中でBSの「プリンセスメゾン」も加わってドラマが充実の火曜日でした。

「プリンセスメゾン」は逃げ恥同様漫画が原作。自分の家を買うためコツコツ貯金し、モデルルーム巡りをする女の子 沼ちゃんの話。彼女が訪れたマンションギャラリーのスタッフたちがその「本気」を知って親身に世話をする。悪意を持った人は出てこないし、大きな盛り上がりも無い。でも登場人物たちがそれぞれ孤独の深い淵を覗いているところがちゃんと描かれていた。そして孤独を否定しているわけではないんだよね。沼ちゃんが見た目に反してしっかりものなのもよい。なんせ8年ぐらいで800万円貯めてんのよ。どれだけ意志が固いか。
各回に流れる挿入歌が秀逸。第1回なんて『東京砂漠』ですよ、それもクールファイブじゃなくちあきなおみヴァージョン! クールビューティな要さんがbloodthirsty butchersやブルーハーツのファンだというのもすごくいい。
原作者は民王の貝原を演じる高橋一生をモデルに伊達のキャラを作ったとのことですが、本人は演じるのがとても大変だったと思う。でもさすがだ高橋一生、伊達さんでご飯何杯でもいけるぞ。
オンデマンドでドラマを見ることができますが、地上波に下ろしてくれるといいなあ。

今年は30代後半の地味男子が大ブレイクした年だったように思います。
長谷川博己、高橋一生、星野源。ホントに3人ともどれだけ出まくってるの? 




2016-12-25(Sun) 23:56| 未分類| トラックバック(-)| コメント 0

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。